料理

糖尿病は毎日の食事に気を配る必要がある|血糖値をコントロール

カロリーを摂りすぎない

笑顔の男性

食生活を見直す

暴飲暴食を重ねたりやあまり身体を動かさなかったりすると糖尿病になりやすくなります。糖尿病の原因は生活習慣の乱れによって起こり、規則正しい生活を送ることで予防することが出来ます。食事でカロリーを摂りすぎるとすい臓の負担が大きくなり、血糖値が上がっていきます。タンパク質やミネラルにビタミンなど栄養のバランスを考えて摂ることで現在糖尿病の人は治療できますし、今糖尿病でない人はかかりにくくなるのです。食事をするうえで参考になるのが食品交換表で、カロリーや栄養素についての指針となります。糖尿病を防ぐには毎日3食しっかり食べて、甘いものなどの間食を控えるようにします。マーガリンやバターなどの脂質や揚げ物の食事は控えて、野菜や海草類を多めに摂ります。

運動と睡眠

糖尿病の予防になるのが、食事の他には運動の習慣を持つことです。激しい運動はかえって身体の負担になり心筋梗塞など他の病気の原因となるので、軽めの運動を長く続けるのがコツです。いきなり運動をはじめるのではなく、運動の前には体操をして準備運動をしてから行うようにします。長く続けるためにはウォーキングのような負担が少ないものや、ゲーム要素のあるテニスやゴルフなども向いています。仕事や家事に追われて運動するためのまとまった時間が取れない人は、なるべくエスカレーターやエレベーターを使用せず、通勤のときに会社のひと駅手前で降りて歩くなど工夫するようにします。自転車やジョギングも効果的な全身運動です。睡眠不足やストレスも糖尿病の原因となるので、しっかり睡眠を取りストレスは発散させるようにします。

Copyright© 2016 糖尿病は毎日の食事に気を配る必要がある|血糖値をコントロール All Rights Reserved.